腸内フローラ改善生活では腸の仕組み腸内細菌の働き免疫力を高めるための腸内フローラ改善の方法などを情報発信しています。

腸内フローラ改善で免疫力アップ

腸内フローラ改善で免疫力アップ!!

多種多様な腸内細菌の集まりの様子は、お花畑になぞらえて「腸内フローラ」(腸内細菌叢)と表現されています。

 

この腸内フローラに関して、これまでヒトの腸には重さ約1.5kg、100種類・100兆個もの腸内細菌が棲息していると考えられてきましたが、近年、解析技術の発達により、腸内細菌はおよそ1000種類・1000兆個以上も存在することが判明してきています。

 

そして、この腸内フローラを日頃の健康維持や免疫力向上に役立てるには、腸内細菌のバランスを保つことがとても重要になってきます。

 

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在していますが、加齢やストレス、食生活の乱れなどが原因で、腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、腸内フローラは変化し、便秘や下痢だけではなく、様々な病気を発症させる原因になると言われています。

 

そのため、健康維持や免疫力向上の鍵を握っているのは、腸内細菌のバランスや腸内フローラだといっても過言ではないのです。

 

したがって、庭の草木や花々に水や肥料を毎日あげるのと同じように、腸活や菌活などを行うことによって腸内フローラを形成している腸内細菌を育てていく生活習慣をもつことが非常に大切なのです。

「腸管免疫」と呼ばれる腸は人体最大の免疫器官

また免疫機能の7~8割近くが腸に集中しており、白血球の仲間である免疫細胞の約3分の2が集まっているため、腸は人体最大の免疫器官であるとされています。

 

特に小腸では、マクロファージや樹状細胞、好中球やリンパ球といった免疫細胞が活躍して細菌やウイルスなどの異物が侵入してくるのを最前線で防いでいます。そのため腸は「腸管免疫」とも呼ばれ、日々、健康維持のために働いてくれています。

免疫力を高めるには腸内環境の改善が重要!

健康維持や病気予防のため免疫力を高めるには腸内環境を改善することが何よりも大切です。なぜなら、腸は口から摂り入れた食物を消化し、栄養を吸収しているからです。また、体内の不要物を体外に排出するのも腸の大事な役割です。

 

そのため、腸は樹木に例えるならば根っ子であり、土壌そのものなのです。

 

もし、土壌の環境が悪ければ木は立派に育ちません。それと同じで、日頃の生活習慣が原因で腸内の環境が悪化しているならば、それだけ健康とは遠ざかってしまいますし、免疫力も低下してしまいます。さらに、様々な病気も引き起こされやすくなります。

 

つまり消化管である腸は生命維持に必要な栄養を吸収する土壌であるとともに、からだの土台でもあるのです。

 

したがって、免疫力を高めて毎日の健康を維持するには、食事や生活習慣に気をつけ、腸内細菌のバランスを整えて腸内フローラを改善していくことが非常に重要です。

腸内フローラの改善によって得られる主な効果

  • 免疫活性・免疫力の向上
  • 糖尿病・肥満症などの生活習慣病の予防・改善
  • ダイエット効果
  • 便秘・下痢の緩和・改善   
  • 大腸がんの予防・緩和
  • 過敏性腸症候群の予防・緩和
  • 炎症性腸疾患の予防・緩和
  • 食物アレルギーや花粉症などアレルギー症状の緩和・改善
  • アトピー性皮膚の緩和・改善
  • うつの予防・改善
  • 認知症の予防
腸内フローラ改善