腸とセロトニン

セロトニンは脳における神経伝達物質としてよく知られており、「幸せホルモン」とも呼ばれていますが、実はこのセロトニンとはもともと腸内細菌間の伝達物質であり、その約90%が腸内に存在しています。

 

残りの8%は血小板に取り込まれ、血中で必要に応じて使われるため、脳に存在しているセロトニンはたったの2%程度にすぎないと言われています。セロトニンは脳においては、視床下部や大脳基底核、延髄の縫線核などに高濃度に分布し、人間の精神活動に大きく関与しています。

 

セロトニンの腸内における働きについては、体内に摂り入れた食物が腸に達すると小腸内の腸クロム親和性細胞がセロトニンを放出します。

 

そして、そのセロトニンが腸神経叢の受容体と結合し、信号が腸の筋肉に伝わると、筋肉が収縮と弛緩を繰り替えてして蠕動(ぜんどう)運動を起こすようになります。

 

腸で作られたセロトニンが直接脳で使われるわけではありませんが、その前駆体は脳まで送られます。また、腸内細菌の数が少ないと、脳で分泌されるセロトニンの量も減少すると言われているため、腸内細菌が不足しないよう、腸内環境を整えることが重要になってきます。

 

ところで近年、うつの症状に悩まされる方が増加の一途をたどっており、深刻な問題となっていますが、うつの状態にある時は、セロトニンの分泌量が少なくなっているとされています。

 

そのため、腸内細菌の多様な集まりである腸内フローラを改善することは、セロトニンを増やすことにもつながり、うつの症状の予防と緩和にも効果的です。

 

セロトニンの作られ方

 

では、そのセロトニンは脳ではどのようにして作られるのでしょうか?

 

セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸の一種によって合成されます。このトリプトファンはタンパク質を摂るようにすることで作られやすくなるため、全く肉類を食べないと、トリプトファンは作られにくくなります。

 

またその際、注意しなければならないのは、サプリメントなどでトリプトファンだけを摂取してもセロトニンは作られないということです。

 

なぜなら、トリプトファンからセロトニンが合成されるまでに、他の栄養素も必要になってくるからです。

 

まず、トリプトファンはアミノ酸なので、たんぱく質が分解されることから始まりますが、その際にビタミンCが必要になります。

 

次にトリプトファンからセロトニンが作られるには、ハイドロキシトリプトファン(5HTP)という成分にならなければいけませんが、そのためには葉酸やナイアシンといったビタミンB群や鉄などが必要になってきます。さらに、ハイドロキシトリプトファンからセロトニンが作られるには、ビタミンB6も必要になります。

 

たんぱく質  ⇒  トリプトファン  ⇒  5HTP ⇒ セロトニン

ビタミンC     葉酸・ナイアシン    ビタミンB6 

 

また、セロトニンにマグネシウムが加わると、睡眠のために必要であるメラトニンが作られます。それ以外にも、ドーパミンやGABAといった報酬系や精神安定に関与する脳内伝達物質の合成にも、葉酸やナイアシン、ビタミンB6やビタミンCが必要になります。

 

実はこれらのビタミン類のうち主にビタミンB群を体内で作っているのは腸内細菌なのです。

 

そのため、腸内細菌が少なかったり、腸内細菌のバランスが悪かったりすると、ビタミンCやビタミンB群が作られにくくなり、結果的にセロトニンの合成にも支障をきたすことになります。

 

また食生活が乱れることで必須アミノ酸(トリプトファン)やビタミン類、ミネラル類の摂取量が少なくなる場合でも、セロトニンをはじめとした脳内の神経伝達物質は合成されにくくなるので、精神面に悪影響を与えると考えられています。

腸とセロトニン