食物の消化と吸収

食物の消化と吸収

腸の中心的な役割は、なんといっても食物の分解と吸収です。口から胃に入ってきた食物の三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)は、小腸から吸収されるまでに分子レベルにまで細かく分解されていますが、そのことは一般的に「消化」と言われています。

 

また、消化は栄養素を分解することで、ヒトの体内で機能するように組み立てなおすことでもあるため、新しく細胞を構築するために必要な作業です。それに加え、糖質や脂質を効率の良いエネルギー源にするためにも、消化の過程は不可欠なのです。

 

例えば牛肉や豚肉からたんぱく質を摂取した場合、そのたんぱく質は牛や豚にとってのアミノ酸の100個以上の配列であるため、一度、それよりも低いアミノ酸の結合レベルにまで分解し、新たに私たちの体内の器官に使うたんぱく質として組み直さなければなりません。

 

これは糖質も同様で、小腸から吸収されるには、グルコース(ブドウ糖)やフルクトース(果糖)などの単糖類に一度分解しなければならず、そこから私たちの体内にある多糖類と同じ構造のものにしていかなければならないのです。

 

消化のために働く「消化酵素」

 

そして、その栄養素の分解のために働いているのが「消化酵素」です。

 

消化酵素は胃や膵臓、小腸において消化のために作用する物質で、胃液や膵液などに含まれています。代表的なものに、たんぱく質分解酵素であるペプシンやトリプシン、糖質分解酵素であるアミラーゼ、マルターゼ、脂質分解酵素のリパーゼなどがあります。特にアミラーゼは唾液の中に存在していることでよく知られています。

 

消化酵素については「酵素免疫生活」のサイトも参考にしてみてください

 

食べ物はまず口の中に入ると、その唾液中のアミラーゼが糖質を分解するために働きます。次に、胃に入ると、たんぱく質はペプシンによってアミノ酸の100個以下の結合であるペプチドに分解されます。

 

さらにその次の十二指腸から小腸に到る過程においては、ペプチドはトリプシンやキモトリプシンなどの消化酵素によって、アミノ酸2~3個から成るジペプチドやトリペプチドに分解され、そこからさらに小腸の吸収細胞膜に結合した膜酵素によってアミノ酸に分解され、血管内に吸収されます。

 

また、糖質はアミラーゼやマルターゼなどの糖質分解酵素や膜酵素によって、マルトースやフルクトース、グルコースなどに分解されたのち、血管に吸収されていきます。

 

脂質は大半が、ホスホリパーゼや膵液に含まれるリパーゼといった、脂質分解酵素によって脂肪酸やコレステロール、リゾリン脂質などに分解されたあと、ミセルと呼ばれるものを形成して、小腸の微絨毛膜から吸収されていきます。さらにそこから再合成を経て、小腸上皮細胞でカイロミクロンを形成し、リンパ管を通ってからだのいろいろな部分に運ばれていきます。

参考文献

上野川修一 『からだの中の外界 腸のふしぎ』 講談社

光岡知足 『腸を鍛える―腸内細菌と腸内フローラ』 祥伝社

鶴見隆史 『酵素の謎―なぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか』 祥伝社

鶴見隆史 『「酵素」が免疫力を上げる!』

川島由起子監修 『栄養学の基本がわかる事典』 西東社

食物の消化と吸収