アトピーのかゆみを腸内フローラ改善で治す方法

ここではアトピーのかゆみを腸内フローラ改善で治す方法について述べていきたいと思います。

 

アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギーの症状は、免疫細胞のバランスが悪いことで起こってきます。

 

アトピー性皮膚炎と腸内フローラの関係についてこちらのページを参照していただきたいと思いますが、アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギーに悩まされる方は、免疫システムの「2型ヘルパーT細胞(Th2)」の割合が、「1型ヘルパーT細胞(Th1)」よりも大きいとされているのです。

 

そしてその免疫細胞のバランスを整える鍵を握っているのが、「制御性T細胞(Treg)」と呼ばれる免疫細胞なのです。

 

この「制御性細胞」は食物繊維が「制御性T細胞」は腸内細菌が作る酪酸が体内に取り込まれて免疫系に作用すると増えるということが、理化学研究所や東京大学、慶應義塾大学先端生命科学研究所の2013年の共同研究によって明らかにされています。

 

この研究はマウス研究ですが、食物繊維が多く含まれた食事を与えることで酪酸が作られ、そのことが制御性T細胞への分化誘導につながったとされています。

 

ちなみに酪酸は酢酸やプロピオン酸などと共に短鎖脂肪酸を構成しており、この短鎖脂肪酸は特に水溶性食物繊維を摂ると、腸内細菌によって作られやすいとされています。

 

また、乳酸菌には腸管免疫を刺激して自然免疫を活性化し、アレルギーを起こりにくくする働きがあるとされています。

 

さらに乳酸菌を摂取すると、樹状細胞のTLRと呼ばれるセンサーが反応することで、抗体を製造する獲得免疫の働きも活発になるとされています。

 

そのため、NK細胞の活性化と花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の抑制効果が乳酸菌には期待できます。

 

それに加えて、アトピー性皮膚炎にかかっている乳幼児はビフィズス菌の数が少ないと言われています。

 

したがって、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維を普段から摂るようにして、腸内フローラを改善していくことは、アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギー症状が起こりにくい体質になるために効果的だと言えるのです。

 

また腸内フローラを改善すると、腸管のバリア機能が高まるため、未消化のタンパク質などアレルギーの原因になる物質が体内に入り込むのを防ぐことにもつながります。

腸内フローラ改善はアトピー性皮膚炎に効果的

アトピーのかゆみを治すには?

以上が、根本療法としてアトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギー症状を治していく方法ですが、アトピー性皮膚炎に関しては、対症療法として、皮膚のかゆみを抑えていくことも必要になってきます。

 

なぜなら、アトピー性皮膚炎ではかゆみを感じるたびに、肌をひっかいてしまい、皮膚のバリア機能はいつまで経っても回復せず、なかなか治らないという特徴があるからです。

 

そのため、腸内フローラの改善によって根本療法を行っていくと同時に、患部のかゆい部分をひっかいてしまわないようにしなければならないのです。

 

アトピーの治療で大切なのは腸から変えるアレルギー体質改善

 

またアトピー性皮膚炎を治していくために大切なのは、対症療法としてのステロイド剤や抗ヒスタミン剤などに依存せず、腸内フローラの改善を中心にした根本療法を行い、アトピーのかゆみに悩まされるサイクルをいつまでも繰り返さないようにすることです。

 

ステロイド剤を肌に塗ると炎症が抑えられ、かゆみも感じなくなるため、アトピーが良くなったように錯覚してしまいがちですが、ステロイド剤を塗るだけでは、アトピー性皮膚炎は治りません。

 

大切なのは、炎症が抑えられて強烈なかゆみを感じないようになっている間に、皮膚のバリアを回復させ、肌の健康を取り戻すと同時に、アレルギーが起きにくい体質を体の内部、特に腸から作りあげていくことなのです。

したがって、ここでは、アトピー性皮膚炎のかゆみを治していくために大切なポイントを挙げてみたいと思います。

 

  1. 患部をひっかかないようにして皮膚のバリア機能を高める
  2. ダニやハウスダスト、食べ物などのかゆみの元になるアレルゲンを除去する
  3. サラダ油に含まれているリノール酸を減らし、油の摂り方に気をつける

 

これらの詳細については「アトピー性皮膚炎のかゆみを治すには?」のページをご覧ください。

 

そのほか、腸を冷やさないようにして温めることを心がけたり、皮膚が少しでも早く健康を取り戻すように新陳代謝が良くなる生活習慣を送ることもアトピー性皮膚炎を治すためには大切になってきます。

アトピー性皮膚炎のかゆみを治す

参考文献

上野川修一 『からだの中の外界 腸のふしぎ』 講談社

光岡知足 『腸を鍛える―腸内細菌と腸内フローラ』 祥伝社

福田真嗣 『おなかの調子がよくなる本 自分でできる腸内フローラ改善法』 KKベストセラーズ

藤田紘一郎 『アレルギーの9割は腸で治る! クスリに頼らない免疫力のつくり方』 大和書房

斎藤博久 『アレルギーはなぜ起こるのか ヒトを傷つける過剰な免疫反応のしくみ』 講談社

菊池新 『なぜ皮膚はかゆくなるのか』 PHP

永田良隆 『油を断てばアトピーはここまで治る』 三笠書房

帯津良一編 『アトピーを治す大事典』 二見書房

西原克成 『アトピーが治った 5つの生活習慣を変えるときれいな肌が戻る』 たちばな出版