アレルギー症状発生の仕組み

ここではアレルギー症状が発生する仕組みについて紹介しています。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギーは、どのように起こるのでしょうか?

 

アレルギー症状の仕組みを理解するうえで大切になるのは、「アレルゲン特異的IgE抗体」と呼ばれるものの存在です。

 

なぜなら、この「アレルゲン特異的IgE抗体」が大量に作られてしまうことが、アレルギーの症状と深く関わっているからです。

 

免疫反応を起こす異物のことは一般的に「抗原」といいますが、そのなかでかゆみやくしゃみなどのアレルギー症状を引き起こすものは「アレルゲン」と呼ばれます。

 

その「アレルゲン」を樹状細胞が取りこんで消化し、「2型ヘルパーT細胞」と呼ばれるものに情報を伝えると、アレルゲンに反応する2型ヘルパーT細胞が「インターロイキン4」を分泌します。

 

免疫細胞のB細胞が、インターロイキン4の刺激を受けてアレルゲンの情報を受けとると、「アレルゲン特異的IgE抗体」を作ります。

 

また樹状細胞はインターロイキン4の刺激によってIgE受容体を出現させ、IgE抗体と結合して、どんどんアレルゲンを取り込みます。そして、そのアレルゲンの情報を再び2型ヘルパーT細胞に伝えます。

 

すると2型ヘルパーT細胞は大量のインターロイキン4を分泌するようになり、今度はB細胞が大量の特異的IgE抗体を作り始めるようになります。

 

この大量に作られた特異的IgE抗体が、たくさんのIgE受容体をもつマスト細胞と結合し、さらに気道上皮などの組織から再侵入したアレルゲンがアレルゲン特異的IgE抗体と結合すると、マスト細胞は脱顆粒を起こしてヒスタミンやロイコトリエンを分泌します。

 

これにより、アレルギー症状が起こし、次第に悪化してしまうのです。

 

このように「アレルゲン特異的IgE抗体」が大量に生まれてしまう理由としては、免疫システムのなかの「2型ヘルパーT細胞」が多すぎることが挙げられます。

 

もうひとつ、ヒトの免疫システムには「1型ヘルパーT細胞」と呼ばれるものも存在するのですが、こちらはアレルゲンではなく細菌やウイルスを効率よく撃退する働きがあります。

 

「1型ヘルパーT細胞」と「2型ヘルパーT細胞」はどちらも「ナイーブT細胞」と呼ばれる免疫細胞が変化したものなのですが、アレルギー症状に悩まされる方は、「2型ヘルパーT細胞」が存在している割合が、「1型ヘルパーT細胞」よりも大きいことが分かっています。

 

一方、アレルギー症状が発症しない人の免疫システムは、「1型ヘルパーT細胞」と「2型ヘルパーT細胞」、さらに「炎症性ヘルパーT細胞」や「制御性T細胞」といった免疫細胞のバランスが整っているとされています。

 

アレルギー症状の改善と腸内フローラについてはこちらをご参照ください。

アレルギー症状

参考文献

斎藤博久 『アレルギーはなぜ起こるのか ヒトを傷つける過剰な免疫反応のしくみ』 講談社

上野川修一 『からだと免疫のしくみ』 日本実業出版社

審良静男/黒崎知博 『新しい免疫入門 自然免疫から自然炎症まで』 講談社

藤田紘一郎 『アレルギーの9割は腸で治る!』 大和書房

アレルギー症状発生の仕組み―腸内免疫改善生活