短鎖脂肪酸のアレルギー改善効果

ここでは短鎖脂肪酸のアレルギー改善効果について述べています。

 

普段から食物繊維やオリゴ糖を多く摂り、腸内細菌のバランスを整えることで腸内細菌が短鎖脂肪酸を生み出しやすくすることは、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、花粉症などのアレルギーを改善することにつながっていくと考えられます。

 

その理由のひとつは、短鎖脂肪酸は腸管のバリア機能を高めるとされているからです。

 

アレルギー症状は、腸管のバリア機能が弱まり、未消化のタンパク質や細菌などが血液中に入り込むことで起こってきます。

 

高分子のタンパク質や細菌が腸管壁を通過して体内に入ってしまうと、それらは異物として認識され、免疫応答システムが働いて、その異物に対する抗体が作られてしまいます。

 

このことによって、食物アレルギーや自己免疫疾患などの症状が起こってくるのです。

 

しかし腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸によって腸管のバリア機能が高まれば、高分子のタンパク質や細菌などが、体内に入り込むことが防がれるようになるため、アレルギー症状は起こりにくくなると考えられるのです。

 

 

短鎖脂肪酸のTレグを増やす働き

 

また、短鎖脂肪酸のなかの酪酸は、アレルギー改善の鍵となるTレグ(制御性T細胞)を増やすと言われています(理化学研究所の研究)。

 

このTレグ(制御性T細胞)には、免疫細胞のバランス乱れを調整する役割があるとされています(より詳しくは「アレルギー症状の改善と腸内フローラ」のページをご参照ください)。

 

アレルギー症状の発症は、免疫システムの「2型ヘルパーT細胞(Th2)」の割合が、「1型ヘルパーT細胞(Th1)」よりも大きいことが関係していると言われていますが、Tレグ(制御性T細胞)には「2型ヘルパーT細胞」と「1型ヘルパーT細胞」のバランスを調整する役割があるのです。

 

また、冒頭でも述べましたが、そのアレルギー改善に効果的な短鎖脂肪酸は食物繊維オリゴ糖を摂ることで腸内細菌が発酵を起こして作られます。

 

さらに短鎖脂肪酸は特定の腸内細菌ではなく、腸内細菌のチームワークによって作られるとされています。

 

そのため、普段から食物繊維やオリゴ糖などによって腸内細菌のバランスを整え、短鎖脂肪酸が作られやすい腸内環境を育てていくことは、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、花粉症といったアレルギーの改善につながっていくと考えられるのです。

 

したがって日頃の食生活が非常に大切になってくるのですが、なかなか食生活を改善するのが難しく、サプリメントによってアレルギーを改善していきたい方は、短鎖脂肪酸を主成分とした乳酸菌発酵エキス「善玉元気」がおすすめです。