病気を予防する腸内フローラ

腸内フローラを改善することは免疫力を高めて病気を予防することにつながっていきます。特に日頃から腸内フローラを改善していくことは、生活習慣病の予防や改善に効果的です。

 

腸内フローラとは腸内細菌の集まりであるため、腸内フローラを改善するとは、腸内細菌のバランスを整えることを意味します。腸内細菌は、私たちの共生者として腸に棲みつき、普段はなかなか気づきにくいですが、日々の健康維持に貢献してくれています。

病気を予防する腸内フローラ
免疫系・神経系・内分泌系は協力し合っている。

 

反対に腸内フローラのバランスが崩れてしまうと、様々な病気を発症するリスクが高まってしまいます。

 

その理由は腸の免疫系をはじめとして、神経系・ホルモン系・消化器系の働きが不十分になってしまうからです。 

免疫系の働きが弱まることで発症するリスクが高まるのは、感染症やアレルギー、自己免疫疾患、がんなどです。神経系では炎症性腸疾患、ホルモン系では肥満などです。また消化器系では便秘などの発症リスクが上昇します。

 

腸内フローラのバランスが崩れることで発症のリスクが高まる病気

 

  • 感染症
  • アレルギー(花粉症・アトピー・食物アレルギーなど)
  • 自己免疫疾患
  • がん
  • 生活習慣病(糖尿病・肥満症など)
  • 炎症性腸疾患
  • うつ

 

これらの病気は先述した通り、腸内フローラのバランスが崩れることで発症するリスクが高くなりますが、腸内フローラのバランスが崩れる原因としては、栄養素の不足や偏り、極度のストレス、加齢などが挙げられます。

 

しかし、人体の免疫システムのおよそ3分の2が集中している腸の腸内フローラを改善することは生活習慣病をはじめとして様々な病気を予防するのに貢献すると考えられます。

 

近年、ミクロレベルの解析技術の発達により、わたしたちの腸内に生息する100兆個以上の腸内細菌は、生活習慣病やアレルギー、がんなどの病気を予防するために様々な働きをしていることが分かってきました。

 

腸内フローラの改善によって予防が期待できる病気

 

そのため、日頃からプレバイオティクスやプロバイオティクスなどの腸内フローラを改善する方法によって、腸内細菌のバランスを良好に保つことが病気予防のために何よりも大切になってくるのです。

病気を予防する腸内フローラ