乳酸菌でインフルエンザ予防

乳酸菌にはインフルエンザを予防する効果があるといわれています。

 

その理由は、腸内フローラ免疫系に関係しているからです。また、乳酸菌自体にも、免疫を活性化する働きがあるとされています。

 

実際、日本の乳酸菌飲料メーカーが、アメリカの雑誌に乳酸菌のインフルエンザ予防効果を論文で発表しています。

 

また、様々な食品メーカーが乳酸菌のインフルエンザ予防効果について研究しており、乳酸菌を摂取すると、インフルエンザにかかりにくくなるのは、おそらく本当だとされています。

 

そのため、インフルエンザの対策としては、予防接種を受けることが一つの手段となっていますが、乳酸菌を摂ったり、腸内細菌のバランスを整えたりすることで、免疫力を高めていくことも、インフルエンザの予防のためには効果的だと考えられます。