「花菜の選べる乳酸菌」の腸内フローラ改善効果

花菜の選べる乳酸菌」を腸内フローラ改善サプリメントとしてオススメしたいのは、「花菜の選べる乳酸菌」にはふたつの大きな特長があるからです。

 

ひとつ目は配合されている乳酸菌の数が5000億個だということです。一般的に乳酸菌サプリメントに配合されている乳酸菌の数は、100~1000億個程度ですので、この「花菜の選べる乳酸菌」の5000億個という数は他の乳酸菌サプリメントには見られない、比類ない数であると言えます。

 

さらに「花菜の選べる乳酸菌」には、生きて腸まで届く性質がある植物性乳酸菌ラブレ、乳酸菌と酵母の共生発酵によるケフィア(ロシアの発酵食品)、さらに免疫力向上効果が高いといわれるフェカリス菌が配合されています。

 

ふたつ目の特徴は、ナノ乳酸菌と呼ばれるものを、5000億個の乳酸菌と交互に摂取するという点です。

 

「ナノ乳酸菌」とは直径が1ミクロン以下の極めて小さな乳酸菌のことを指します。「花菜の選べる乳酸菌」では、5000億個の乳酸菌と、日本一の長寿を誇る長野県の植物性発酵食品「すんき漬」に含まれるナノ乳酸菌を、交互に飲み分けることで、腸内環境を改善していくというわけなのです。

 

製造元の花菜(はんな)は、いつも同じ乳酸菌を摂り続けていると、カラダが慣れてしまい、乳酸菌が効果を発揮しなくなるとされているため、「5000億個」の乳酸菌と腸の奥まで届く「ナノ乳酸菌」を交互に飲み分けるという新しい発想を提案しているようです。

確かに「花菜の選べる乳酸菌」で、5000億個という圧倒的な数の乳酸菌と、非常に小さいナノ乳酸菌を交互に飲み分ければ、乳酸菌が腸管を効果的に刺激し、免疫力の向上やアレルギー症状の改善、便秘の解消など、確かな腸内フローラ改善効果が現れてきそうです。

 

この花菜の考え方は、腸内フローラを改善する方法としては「プロバイオティクス」にあたりますが、違った乳酸菌を交互に飲み続けるという提案は、腸内環境に良い変化をもたらすためにかなり効果的であると感じられます。

花菜の選べる乳酸菌の腸内フローラ(環境)改善効果―腸内免疫改善生活