バイオジェニックス

バイオジェニックス」とは、東京大学名誉教授で、腸内細菌のパイオニアでもある光岡知足氏が、腸内フローラ(環境)の改善のために新たに提唱している概念です。

 

光岡知足氏は「バイオジェニックス」を「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分や分泌物が腸管免疫を刺激し、腸内フローラに好影響を与える食品」「免疫活性によって全身の健康にも寄与する食品」のことだとしています。

 

光岡氏によってこのような概念が唱えられた背景には、これまで「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」ばかりが腸内フローラの改善にすすめられてきましたが、菌体成分や分泌物が濃縮されている生きた菌よりも死んだ菌が主体になっている乳酸菌サプリメントなどは、以前から腸内フローラの改善に役立つことが分かっていながらも、定義上、プロバイティクスからこぼれ落ちてしまうためだといいます。

 

しかし、バイオジェニックスという「定義を設けることによって、プロバイオティクスからこぼれ落ちてしまっていた、生きた菌を含まない乳酸菌サプリメントも、そしてプロバイオティクス系の食品も、はじめて同じ土俵で評価できるように」なったとしています。

 

また光岡知足氏は、健康については、

 

  1. 生体調節(ストレスの抑制、食欲の増進、消化・吸収の促進)
  2. 生体防御(免疫活性、抗アレルギー)
  3. 疾病予防・老化抑制(便秘や下痢・がん・糖尿病・高脂血症・動脈硬化の予防)

 

という三つの視点が重要だとしており、これらはどれも腸の健康が深く関与しているのだと述べています。

 

そのため、腸内フローラの改善するための方法として、「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」だけに偏るのではなく、「腸内フローラの改善にかかわるあらゆる食品成分が、ひとつの基準で評価されるようになれば、何をどれくらい摂ったらいいのか、自分自身の体調などをふまえ、より客観的に判断できるようになる」としています。

 

つまり、食品に対して幅広い視点をもつバイオジェニックスの考え方は、腸管免疫を中心とした健康管理に大きく貢献してくれるのです。

バイオジェニックス

バイオジェニックス
参考 光岡知足『腸を鍛える 腸内細菌と腸内フローラ』 
バイオジェニックス