ラクトフェリンの腸内環境改善効果

ラクトフェリンには腸管の免疫を高める働き腸内環境を整える効果があると言われています。

 

そのラクトフェリンとは、1939年にデンマークの科学者ゼーレンセン博士によって発見された成分のことで、発見された当初は、鉄イオンと結合すると色が赤くなることから「赤いタンパク質」と呼ばれていました。

 

ラクトフェリンは主に人間を含む哺乳類の乳、唾液、涙、血液、胆汁などに含まれていますが、動物の種類によってその濃度は異なり、最も濃度が高いのは、人間の出産直後の初乳だと言われています。

 

この人間の初乳には乳児を大きく成長させる栄養成分以外に、細菌やウイルスから身体を守るための感染防御成分が多く含まれており、その一つがラクトフェリンだとされています。

 

そのため、初乳に含まれているラクトフェリンには、免疫力を高めて赤ちゃんを病原菌から守ってくれる強い抗菌作用があることが知られています。

 

また、抗菌作用以外にも、ラクトフェリンには様々な効果・効能があるということが分かっています。

 

 ラクトフェリンの主な効果・効能

  • ウイルス感染症の予防
  • 病原菌感染症の予防
  • ガンの予防・抑制
  • アレルギー症状の予防・緩和
  • 慢性胃炎の緩和・改善
  • アトピーの予防・改善
  • ストレスの解消
  • 脂質代謝改善
  • 内臓脂肪の低減

 

腸管の免疫を高めるラクトフェリン

 

ラクトフェリンにこのような様々な効果があるとされる理由のひとつは、ラクトフェリンが腸管の免疫を高めるからだと考えられています。

 

腸や胃などには消化管粘膜が存在しており、その消化管粘膜はウイルスや細菌や異物がたえず侵入するところで、免疫システムを駆使しながらわたしたちの身体を守ってくれています。そのうちの特に小腸の免疫システムは、細菌やアレルゲンの識別も行っているため、「免疫の窓」の役割を果たしています。

 

ラクトフェリンは胃酸に負けることなく腸まで届いて吸収された場合、腸管の免疫を高め、その結果、免疫が賦活され、免疫機能を向上させることが出来るとされています。

 

なぜなら、胃酸で分解されずに腸まで届いたラクトフェリンは、「免疫の窓」であるパイエル板に存在しているM細胞に取り込まれることで免疫系を刺激していると考えられているからです。ラクトフェリンはM細胞に取り込まれると、中につまっている免疫細胞のリンパ球や樹状細胞に受け渡されると言われています。

 

このようにラクトフェリンが消化粘膜で作用すると、腸管の免疫が高まり、結果的にマクロファージやB細胞、キラーT細胞といった免疫細胞が協力体制を組むことでウイルスや細菌、がん細胞を倒されやすくなるとされているのです。

 

ラクトフェリンは腸内フローラも改善する

 

さらに、ラクトフェリンには腸内環境を改善する働きもあると言われています。

 

ラクトフェリンがなぜ腸内環境を改善するのでしょうか? その理由としては、

 

  • ラクトフェリンは善玉菌であるビフィズス菌を増殖させる
  • ラクトフェリンは悪玉菌が必要とする鉄分を奪う
  • ラクトフェリンはストレスを鎮静化させる作用があるため、腸内環境の悪化も防ぐ

 

といったことが挙げられます。

 

ラクトフェリンはビフィズス菌を増やす働きがあるだけではなく、悪玉菌の増殖も抑えるため、必然的に腸内細菌のバランスが整い、腸内フローラが改善されるのです。また、腸内環境を改善されることは、便秘の改善や大腸がんの予防にもつながっていきます。

 

ラクトフェリンは胃酸に負けず腸まで届くことが大切

 

しかし、ラクトフェリンが様々な効果を発揮するには、胃酸で分解されることなく、腸まで届くことが前提になります。

 

腸の消化粘膜に存在している免疫システムを刺激することで免疫活性を促したり、ビフィズス菌を増やしたりするためには、なんといっても胃酸に負けず腸まで届くことが大切なのです。

 

そのため、もしラクトフェリンによる免疫活性や腸内フローラの改善を行いたい場合は、サプリメントが有効ですが、購入する際は、腸溶性被膜に包まれたものを選び、きちんと腸まで届くことを確認することが大切です。

ラクトフェリンサプリメントのおすすめは?

ラクトフェリンが含まれたサプリメントのオススメとしては、「 ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 」が挙げられます。

 

このホコニコの「ラクトフェリン+乳酸菌」には、わずか2粒に、ラクトフェリンの1日の摂取目標量300mg配合されています。

 

また、デリケートなラクトフェリンは胃酸に負けないで腸まできちんと届くことが大切なのですが、ホコニコの「ラクトフェリン+乳酸菌」は、耐酸性カプセルを使用しているため、ラクトフェリンが胃酸に負けず腸までしっかりと届きます。

 

ホコニコの「ラクトフェリン+乳酸菌」
ホコニコの「ラクトフェリン+乳酸菌」は、ラクトフェリン300mg配合
バナー原稿imp

さらに、「ラクトフェリン+乳酸菌」には、フェカリス菌(エンテロコッカス・フェカリス)が独自の培養・処理技術によって高密度濃縮されています。

 

ちなみにこのフェカリス菌は、花粉症の抑制などに効果的だとして注目されています。

 

それに加えて、腸内環境の改善に役立つビフィズス菌や天然のオリゴ糖なども含まれています。

 

そのため、ホコニコの「ラクトフェリン+乳酸菌」は、ラクトフェリンによって腸を元気にしていきたい方に、非常にオススメのサプリメントなのです。

ラクトフェリンサプリメントのおすすめ

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 」には2粒に300mgのラクトフェリンが配合されています。

ラクトフェリンで腸内フローラ改善