乳酸菌生産物質の腸内フローラ改善効果

ここでは乳酸菌生産物質の腸内フローラ改善効果について述べています。

 

乳酸菌生産物質」とは、乳酸菌と酵母、そして大豆が発酵熟成して生成される物質のことです。

 

この「乳酸菌生産物質」は、免疫力や抵抗力を格段に向上させ得る物質だとされています。その理由としては、乳酸菌生産物質が、それ自体、多くの成分を含むからです。

乳酸菌生産物質に含まれる主な成分

 

  • アミノ酸・・・アルギニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、GABAなど多数
  • ペプチド・・・オリゴペプチド、ポリペプチド
  • イソフラボン・・・ダイゼイン、ゲニステイン、イクォール
  • サポニン・・・大豆サポニン
  • ビタミン・・・ビタミンB1、B2、B6、E、Kなど
  • ミネラル・・・リン、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど
  • 脂肪酸・・・短鎖脂肪酸・乳酸、レシチン
  • 核酸・・・デオキシリボ核酸、リボ核酸


近年、この乳酸菌生産物質には、大腸がんやアレルギーうつ病潰瘍性大腸炎など、様々な病気を予防したり症状を緩和したりする効果があるとして、注目されています。

 

実際、この乳酸菌生産物質に関しては、乳酸菌生産物質を加えたサプリメントの摂取によって、腸内環境が著しく改善し、生活習慣病をはじめとした様々な病気の症状が緩和・改善に向かったという東京女子医科大名誉教授の出村博氏らの報告があります(参考 出村博/水谷武夫『乳酸菌生産物質 スーパーサプリメントへの挑戦 2006』)。

 

したがって、腸内フローラの改善を行い、様々な病気を予防・緩和していくために、乳酸菌生産物質は有効だと考えられます。

 

また乳酸菌生産物質を効果的に摂るにはサプリメントが有効だと考えられます。

 

特に、「天然美通」や「善玉元気」、「醗酵5」、「乳酸菌革命」といったサプリメントは、乳酸菌生産物質が配合されているため、腸内環境を整えるためにおすすめです。