乳酸菌の腸内フローラ改善効果

ここでは乳酸菌の腸内フローラ改善効果について述べています。

 

乳酸菌は糖を分解して乳酸を多量に作り出す菌であり、生きた乳酸菌が増えれば増えるほど、腸内のpH(ピーエイチ)は酸性に傾くため、悪玉菌の増殖は抑えられ、腸内の環境は保たれます。

 

さらに、ある種の乳酸菌は腸管のバリア機能を高める作用をもつといわれています。

 

そのため乳酸菌は、免疫力の強化や便秘の予防と解消、アトピー性皮膚炎の改善、潰瘍性大腸炎の緩和など、様々な健康効果をからだに与えてくれます。

 

ところで、乳酸菌とは、主にブドウ糖から乳酸を作り出す細菌の総称であり、乳酸菌は酸素があっても生育できる通性嫌気性の性質をもちます。

 

また、乳酸菌にはラクトバチルス、ラクトコッカス、エンテロコッカスなどさまざまな属の菌がいて、26属400種類以上が発見されていると言われています。

 

乳酸菌は胃酸に負けることなく生きたまま腸に届くと、3~7日は乳酸を腸内で生み出して酸性の保つとされています。

 

やがて食事から摂った乳酸菌は体外に排出されてしまいますが、そうなってしまう理由は、幼少期を過ぎてしまうと、腸内フローラの構成はほぼ決まってしまっているからです。そのため、体外からの乳酸菌が生存競争が激しい腸内フローラの環境に新たに住みつくのは難しいのです。

 

その生きた乳酸菌などの有用な働きをする微生物が含まれた食品は「プロバイオティクス」と呼ばれています。

 

しかし、乳酸菌によって様々な健康効果を得られるようになるには、乳酸菌が含まれたヨーグルトやチーズなどの発酵食品をただ食べていれば良いというわけではありません。

 

乳酸菌で腸内フローラを改善するには継続的な摂取が大切

 

乳酸菌が有効に働いて腸管免疫を活性化させるには、継続的な摂取が何よりも重要になってきます。

 

その理由としては、乳酸菌を摂取したことによって、整腸作用をはじめとした様々な健康効果を得られたとしても、途中で止めてしまうと元に戻ってしまう確率が高いことが挙げられます。

 

そしてその際、生きている乳酸菌が実際に届いているかどうかは、あまり気にする必要はありません。それよりも乳酸菌に関しては数を重視することのほうが大切です。

 

なぜなら、口から摂取した乳酸菌のほとんどが胃酸によって死滅していたとしても、乳酸菌が分泌する液が腸内の善玉菌のエサとなって、元々腸にいる乳酸菌やビフィズス菌を増殖させるからです。

 

そのため、乳酸菌の数が多ければ多いほど、体調の変化がはっきりと感じられる確率が高くなってきます。

 

ちなみに乳酸菌は摂取すると、樹状細胞のTLRと呼ばれるセンサーが反応することで、細胞からサイトカインや抗菌ペプチドが分泌され、有害菌の繁殖が抑制されるほか、抗体を製造する獲得免疫の働きも活発になるとされています。

 

したがって、NK細胞の活性化や花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の抑制作用など、様々な免疫力効果が乳酸菌には期待されています。

 

また、乳酸菌と腸の相性には個人差があるため、自分のお腹にあった乳酸菌を見つけることも重要です。

 

ところで、ヨーグルトから乳酸菌を摂取する場合、ブルガリアのメチニコフはヨーグルトを1日に300g~500g食べることを推奨したと言われています。

 

しかし、それだけの量を摂らなくても、毎日200~400g程度食べれば、ヨーグルトは十分、腸内環境を改善し、体調を整えるのに役立ってくれます。

 

もし、ヨーグルトをたくさん食べるのが難しいというかたは、乳酸菌革命など、手軽に大量の乳酸菌を摂取できるサプリメントを利用して腸内フローラの改善を行うことをおすすめします。

乳酸菌の腸内環境改善効果