酵母の腸内環境改善効果

ここでは酵母の腸内環境を改善する効果について述べています。

 

酵母とは目に見えない微生物のことで、小さいながらも立派な命をもつ生命体です。パン酵母やビール酵母の存在やよく知られていますが、実は酵母には腸内フローラを改善する働きや免疫力を高める効果があります。

 

酵母は酸素がある時は、人間と同じようにミトコンドリアで酸素を使ってエネルギーを生み出しますが、酸素がない時は、「発酵」というシステムで、糖分をアルコールと炭酸ガスに分解してエネルギーを生み出します。

 

この酵母には小腸と大腸の両方で働くという特長があります。

 

また、腸内フローラのバランスを整える効果や、腸内の善玉菌のエサになることで善玉菌を増やす働きもあります。

 

さらに酵母の、糖を分解して「発酵」を起こすことで炭酸ガスを排出する働きが、腸を刺激し、蠕動(ぜんどう)運動を活発にするとも言われています。そのため酵母は、便秘の解消にも効果的だとされています。

 

しかし酵母が腸内フローラの改善に効果を発揮するためには、生きたまま腸に届かなければなりません。

 

それに加えて、酵母は糖を分解するため、血糖値とインスリンの上昇を抑えることにもつながると言われています。このことから酵母には糖尿病を予防する働きがあるとされています。

 

また酵母は腸内で消化酵素を生み出します。酵母が生み出す酵素によって消化が助けられると、食べ物の栄養素の吸収率がアップします。

 

さらに腸内細菌のバランスも整うため、腸内環境が良くなって腸内フローラが改善されていきます。

 

消化酵素によって栄養素の吸収率が高まることと、腸内細菌のバランスが整うことは、免疫力の向上に結果的につながっていくのです。

 

酵母にはそれら以外にも多くの免疫力効果や効能があるとされています。その理由は酵母という微生物には健康になるための様々な栄養素が含まれているからです。つまり、酵母は栄養素の宝庫なのです。

 

酵母に含まれる栄養素

  • 消化酵素・・・食べ物の消化を助けて腸内フローラを改善する。
  • 必須アミノ酸・・・肉や骨などからだを構成するための最小単位。エネルギー代謝にも関わる。
  • ビタミンB群・・・エネルギー代謝や疲労回復、免疫力の向上に関わる。
  • 核酸・・・細胞の新陳代謝に深く関わる。
  • ベータグルカン・・・食物繊維の一種で免疫力を高める働きがある。
  • グルタチオン・・・3つのアミノ酸で構成され、毒素を外に出す解毒作用と強い抗酸化作用がある。

参考文献

酵母酵素研究会 著 丁胸鐵 監修 『酵母で健康になる 生きた酵母で腸から元気』 株式会社ジュリアン

酵母で腸から元気