アムラの腸内環境改善効果

ここではアムラの腸内環境改善効果について述べています。

 

インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」で「若返りの果実」とされているアムラには、多様な腸内細菌の集まりである腸内環境を改善する働きがあります。

 

なぜならアムラには食物繊維の一種であるペクチンが豊富に含まれているからです。ペクチンはイチゴなどの果物にも含まれる水溶性の食物繊維です。

 

食物繊維は腸内細菌のエサになったり、便通を促して便秘を解消したりする働きがあるため、食物繊維を多く摂るようにすることは多様な腸内細菌の集まりである腸内フローラの改善に役立ちます。

 

アムラに含まれているのは水溶性の食物繊維であり、この水溶性の食物繊維には、空腹や食べ過ぎを防ぐ効果や糖質の吸収をゆるやかにする作用があります。

 

またアムラには抗酸化作用をもつポリフェノールが豊富に含まれているため、腸の老化を防ぎ、腸を元気にしてくれると考えられます。

 

腸内の環境は悪玉菌が不必要に増殖したり、ストレスなどが原因で発生する活性酸素の働きによって腸内の老化が進むことによって悪化していきます。

 

そのため腸内細菌のバランスを整え、腸内細菌を元気にするためには、活性酸素の働きを抑える作用があるポリフェノールを摂り入れることも大切になってくるのです。

 

アンモニアや硫化水素、インドールやスカトールといった有害物質が溜まることで腸内が腐敗したり、過剰な活性酸素によって腸内の細胞の老化が進んでいった りしてしまうと、免疫システムの6~7割が集中しているといわれる腸の免疫機能は低下してしまい、大腸がんやアレルギーなど、多くの病気を引き起こす原因 になると考えられます。

 

しかしアムラに豊富に含まれているポリフェノールはそのような腸内の酸化・腐敗を防ぐために活躍してくれると考えられます。

 

「アムラ」とは?

 

ちなみにアムラとは、トウダイグサ科コミカンソウ属の落葉性の小高木のことで、日本では「インドスグリ」として知られています。

 

インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」でも「若返りの果実」として、万病を予防したり、老化を防いだりする効果があると重宝されていると言われています。

 

さらにアムラは様々なハーブと組み合わせて利用されています。

 

特にインドの伝承医学アーユルヴェーダではアムラ、ハリキター、ビビタキの三つは三大果実と呼ばれており、中でも若返りの果実であるアムラは万能なスーパーフルーツだとされています。

 

またインドでは、日常生活でも美容と健康に欠かせない果実として不動の地位を保っているそうですが、アムラは昔から、生命力を甦らせる健康のシンボル、縁起のいい木として人々から尊ばれてきたとされています。

 

AmlaLifeの「アムラタブレット」は腸内環境の改善におすすめ

 

もしアムラをサプリメントから摂りたい場合は、AmlaLifeの「アムラタブレット」がおすすめです。

 

AmlaLifeの「アムラタブレット」は、アムラの果実を主役にしたタブレットであり、栄養豊富なアムラのエキスを簡単に摂ることができます。

 

またAmlaLifeは「アムラ」だけではなく、腸内細菌の集まりである腸内フローラにも注目しているメーカーであり、あらかじめ不活化された乳酸菌は、腸まで届き腸内細菌のエサになるという考えから、「アムラタブレット」の1日分に約500億個の殺菌乳酸菌を配合しています。

 

そのため、「アムラタブレット」は腸内環境の改善に効果的だと言えるのです。

 

その「アムラタブレット」は以下のバナーから購入することが可能です。