アロエベラの腸内環境改善効果

ここではアロエベラの腸内環境・腸内フローラ改善効果について述べています。

 

アロエベラは古くから医者泣かせの万能薬として利用されてきました。そのアロエベラには、ビタミン類やミネラル類、アミノ酸、酵素類、多糖類など、約70種類もの有効成分が含まれているとされています。

 

また、未解明の成分も合わせると、アロエベラには300種類に近い成分が含まれているとされています。

 

ちなみに世界的に広く分布しているのはアロエベラですが、日本に古くから伝わっているのはキダチアロエです。

アロエベラは腸内環境の改善にオススメ
アロエベラは腸内環境の改善にオススメです。

特にアロエベラのゼリー状の葉肉には、ネバネバのムチン質を構成する高分子多糖体(多糖類)が多く含まれています。この高分子多糖体とは、ブドウ糖や果糖、ガラクトースなどの糖類が数珠のようにつながった高分子の糖のことで、広い意味では、食物繊維オリゴ糖の仲間です。

 

この高分子多糖体は、薬学博士の久郷晴彦によれば、「粘膜の保護や有害物質の吸収、免疫細胞の活性化、抗炎作用、腸内善玉菌の活性といった働きを強く発揮する」といいます。

 

また「この高分子多糖体の働きについて、とくに最近注目されているのが、腸内細菌の善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌など)を元気づけるとともに、悪玉菌(ウエルシュ菌、ブドウ球菌など)の勢いを抑えることです」と述べています(参考 久郷晴彦『奇跡の有機アロエベラ』)。

久郷晴彦『奇跡の有機アロエベラ』
久郷晴彦『奇跡の有機アロエベラ』

つまり、アロエベラの高分子多糖体には、善玉菌を活性化し、代わりに悪玉菌の増殖を抑えるという、腸内細菌のバランスを整える効果があるのです。さらにアロエの多糖類とアロエオリゴ糖は短鎖脂肪酸の生成にも役立つといいます(参考 長谷川恵『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』)。

 

もし腸内細菌のバランスが整うことで腸内フローラが改善されると、免疫力が高まり、風邪を引きにくくなるなど、病気への抵抗性が増すことは十分考えられます。

 

またアロエベラの腸内フローラを改善する効果は、アトピー性皮膚炎など、腸内環境の悪化が関係している疾患に対しても有効であるように思われます。

 

ちなみに久郷氏によれば、一般的にキダチアロエに含まれる高分子多糖体の分子量は4万程度だとされていますが、有機アロエベラのなかには100万以上の高分子多糖体を含むものもあるようです。

 

そのため、有機栽培で育ったアロエベラのほうが、多糖類による腸内環境の改善効果をより期待できると考えられます。

アロエベラ

有機アロエベラに期待出来る健康効果

  1. 抗がん作用・制がん作用
  2. 老化の防止・生活習慣病の予防
  3. ヤケドや炎症の治療
  4. 便秘、痔、切り傷、被爆などの改善
  5. アトピー性皮膚炎の治療
  6. 美肌効果(シミ、シワ)・ダイエット効果
  7. 抗潰瘍作用・整腸作用
  8. 保湿効果
  9. 眼の治療
  10. 抗菌作用・抗カビ作用
  11. 血糖値降下作用(糖尿病)
  12. 細胞の活性化作用
  13. 肝機能を高める作用
  14. 免疫を高める作用
  15. 喘息や慢性気管支炎の予防
  16. リウマチの予防
  17. 血圧(高血圧・低血圧)の正常化作用
  18. 口内炎の治療や予防

 

  • 腸内細菌(善玉菌・悪玉菌)の正常化
  • 抗酸化作用

 

参考 久郷晴彦『奇跡の有機アロエベラ』 コスモ21)

有機アロエベラは腸内環境を改善するのにオススメです。
有機アロエベラは腸内環境を改善するのにオススメです。
有機アロエベラ
有機アロエベラ

参考文献

久郷晴彦『奇跡の有機アロエベラ』 コスモ21

長谷川恵『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』 現代書林

デイヴィッド・ウォルフ『スーパーフード』 高城剛 監訳 医道の日本社