カカオ・ココア・チョコレートの腸内環境改善効果

ここではカカオ(ココアとチョコレート)腸内環境改善効果について述べています。

 

カカオはココアやチョコレートの原料として使われていますが、このココアにはカルシウム、鉄、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれているほか、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があるポリフェノールが多く含まれています。

 

またカカオには食物繊維がたくさん含まれているため、カカオを日頃から摂るようにすることは便秘の解消腸内フローラの改善にも役立ちます。しかも、カカオには水溶性と不溶性の食物繊維の割合が、1:3であるため、他の食材と比べるとバランスよく含まれていると言えます。

 

それに加えて、カカオに豊富に含まれているマグネシウムも便秘の解消に役立つとされています。

 

さらにカカオに含まれるカカオポリフェノールにはストレスをやわらげるリラックス効果があるとされているほか、カカオ豆に含まれるテオブロミンという成分にも、血行を良くして緊張をやわらげる効果があるされています。

 

過度のストレスを感じてしまうと、腸内の善玉菌が減少し、代わりに悪玉菌が増殖するとされていますので、過度のストレスや慢性的なストレスは腸内フローラの健康のためには大敵です。

 

しかし、普段からチョコレートやココアからカカオを摂るようにすることは、ストレス対策として有効であると考えられます。

ココア

カカオを摂るならココアパウダー

 

ですが、市販のチョコレートやココアには、カカオ以外にも砂糖や乳化剤などの食品添加物が多く使われていますので、それらを食べ過ぎてしまうことは、腸内環境のために必ずしも良いとは言えません。

 

そこでオススメしたいのは、「カカオパウダー」や「ココアパウダー」の名前で販売されている100パーセントのカカオの粉末を、うまく利用することです。

カカオ(ココア)パウダー
カカオ(ココア)パウダーを利用することは腸内環境の改善に効果的です。

このカカオ(ココア)パウダーをホットミルクやお湯と混ぜるだけで、不足しがちな食物繊維や鉄分やカルシウムなどのミネラルを手軽に補うことができます。

 

またカカオパウダーには甘みが無いため、甘みが欲しいと感じた場合は、砂糖ではなく、オリゴ糖やココナッツシュガーなど、急激に血糖値を上げない甘味料を加えることで、ココアを美味しく飲むことができます。

 

もしチョコレートが好きだというのであれば、カカオが70%以上の製品を選ぶと良いでしょう。

 

ちなみにカカオ(ココア)パウダーは、オーガニックフードを販売する店や、オンラインショップで簡単に購入することが可能です。

純ココア(バンホーテンココア使用)500g

新品価格
¥1,190から
(2017/3/5 15:52時点)