ルイボスティーの腸内フローラ改善効果

ここではルイボスティーの腸内フローラ改善効果について述べています。

 

ルイボスティーは南アフリカで古くから現地の人々に親しまれてきたお茶です。特に原住民であるコイ族やパンツ―族はルイボスティーを不老長寿の飲みものとして重宝してきたと言います。

 

そのルイボスティーの主な腸内フローラ改善効果は便秘の解消です。

ではなぜルイボスティーが便秘の解消に効果的なのでしょうか?

 

その理由としては、ルイボスティーにはミネラルの一種であるマグネシウムが豊富に含まれているからだと考えられます。

 

実はマグネシウムには大腸に水分が吸収されるのを防ぐ働きがあるため、マグネシウムを多く摂ると、その分、腸の水分が増し、硬くなった便が水分を吸収することで軟らかくなるとされているのです。

 

また、温かいお茶を飲むことで胃腸が温まることも、ルイボスティーが便秘を解消する理由のひとつとして考えられます。

 

腸は冷えるとその働きを鈍らせてしまうので、なるべく普段から温かいお茶を飲む習慣をもったほうが便通のためには良いのです。

 

また、日頃から水分を多めに摂ると、便が水分をより吸収できるようになるので、水分不足の時よりも便秘しにくくなります。

 

ルイボスティーが持つ強い抗酸化作用

 

ところで、ルイボスティーには強い抗酸化作用があります。

 

普段、私たちは現代社会特有のストレスや電磁波などにさらされることで、体内により多くの活性酸素が増えるようになっていています。

 

この活性酸素は単純な悪者というわけではありませんが、増えすぎてしまうと細胞の老化を促したり、サビつかせたりします。

 

それに対抗できるのはポリフェノールなどの抗酸化物質やSODと呼ばれる酵素などですが、ルイボスティーには豊富なポリフェノールが含まれていることに加え、体内のSOD酵素の生成も助けると言われているため、活性酸素を除去する強い抗酸化作用が期待できるのです。

 

ルイボスティーの抗酸化作用が腸に作用し、活性酸素の働きを抑えることで腸の老化を遅らせることが出来れば、その分、腸内環境が整い腸が元気を取り戻すことが考えられます。

 

そしてそのことが、腸が蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便秘を解消しやすくすることは十分考えられます。

 

したがって、普段からルイボスティーを飲むようにすることは便秘を解消し、腸内フローラを改善するのに役立つのです。

 

また、ルイボスティーを飲む習慣をもつことで、腸を普段から温めるようにすることは、アトピー性皮膚炎の症状を緩和することにもつながっていきます。

 

活性酸素を除去する抗酸化作用が強いルイボスティーは特にアトピーや花粉症などのアレルギー症状に効くと言われているのです。

ルイボスティーで腸内フローラ改善
ルイボスティーは便秘の解消・腸内フローラ改善に効果的です。
ルイボスティーで便秘の解消

こちらはRTルイボスティー「3週間お試しセット」

ルイボスティー