腸内フローラ改善でダイエット

腸内フローラ改善でダイエット

腸内フローラを改善することはダイエットに効果的だと考えられます。

 

では、なぜ腸内フローラの改善を行うことがダイエットにつながっていくのでしょうか?

 

その理由は太りにくい体質、太りやすい体質というものは、腸内フローラの構成が大きく影響していると考えられるからです。

 

ある調査では、肥満の人ではフィルミクテス門の腸内細菌が多く、やせている人はバクテロイデス門の腸内細菌が多く存在することが明らかにされたと言われています。

 

また、ある研究によると、フィルミクテス門は高カロリー・低食物繊維の食事を行うと優勢になりやすく、バクテロイデス門は低カロリー・高食物繊維の食事を摂ると優勢になりやすいそうです。

 

フィルミクテス門の中には、食物を消化器官内で分解した後、そのまま排泄されてしまうはずの成分を吸収し、それを栄養として取り込んでしまう細菌があると言います。

 

一方、バクテロイデス門は、余分なエネルギーが肥満細胞に吸収され、脂肪が蓄積されていくのを防ぐ働きがある短鎖脂肪酸を生み出しやすいとされています。

 

この短鎖脂肪酸は主に食物繊維を摂ることで、腸内細菌によって作られるとされており、肥満を予防するために効果を発揮するといわれています。

 

ダイエット成功のカギは食物繊維と短鎖脂肪酸

 

このように「太りやすさ」に関しては、腸内フローラを構成している腸内細菌のバランスが大きく影響しているのです。

 

ちなみに、高カロリー・低食物繊維の食事を行うと優勢になりやすい「フィルミクテス門」の腸内細菌は「デブ菌」、「バクテロイデス門」の腸内細菌は「ヤセ菌」とも呼ばれています。

 

そのため、太りにくい体質を作り上げてダイエットを成功させるには、「ヤセ菌」である「バクテロイデス門」が優勢になるよう、腸内フローラの構成を変えていくことが重要になってきます。

 

そして「バクテロイデス門」が優勢になるには、「食物繊維」を多く摂ることが必要になってきます。

 

また先程述べたように、食物繊維を多く摂るようにすれば、余計なエネルギーが肥満細胞に蓄積されるのを防ぐ「短鎖脂肪酸」が作られやすくなります。

 

したがって、腸内フローラの改善によってダイエットを成功させるためには、日頃の食生活において食物繊維をたくさん摂るようにすることが大切なのです。

 

それに加えて、デブ菌の好物は砂糖であるため、適度な「糖質制限」を組み合わせることも、ヤセ菌と短鎖脂肪酸による腸内フローラ改善ダイエットに効果的です。

 

そのほか、腸内細菌とダイエットの関係について科学的に検討されている書籍として、ティム・スペクター氏の『ダイエットの科学』があります。