短鎖脂肪酸でヤセ菌ダイエット

ここでは短鎖脂肪酸によるヤセ菌ダイエットの方法について述べています。

 

腸内環境や腸内細菌の集まりである腸内フローラを改善することが必要不可欠であるように思われます。

 

なぜなら、痩せやすい体質や、太りやすい体質というのは、腸に生息する様々な腸内細菌が深く関係しているからです。

 

例えば、肥満の人はデブ菌とも呼ばれている「フィルミクテス門」の腸内細菌が多く、痩せている人は、ヤセ菌と呼ばれている「バクテロイデス門」の腸内細菌が多いといわれており、同じ食事を摂ったとしても、デブ菌が多いと、食べ物の余分なエネルギーが再吸収されるに対し、ヤセ菌が多いと余分なエネルギーはスルーされるのです。

 

また、アッカーマンシア・ムシニフィラと呼ばれる菌が、肥満の人には少ないとされています。さらに、腸とのやりとりにおいて、このアッカーマンシア・ムシニフィラ菌の働きに狂いが生じてしまうと、消化や代謝の異常や肥満といった様々な問題が生じてくるといわれています。

 

したがって、腸内細菌の存在が、痩せやすい体質や太りやすい体質と深く関わっていると考えられますが、キセイチュウ博士の藤田紘一郎氏は、『腸内細菌が家出する日』のなかで、「長い間、私たちの常識ではカロリー神話が中心で、体重の増減は摂取カロリーで決まると考えられてきました。しかし、腸内細菌の働きが明らかになるにつれて、摂取カロリーだけでダイエットの成否が決まるわけではないことがわかってきました」と述べています。

 

それに加えて藤田氏によれば、人工甘味料や食品添加物、抗生物質を体内に取り入れることによって腸内細菌叢が変化することも、肥満の発症と関係していることが、海外の大学の研究で判明したそうです。

 

そのため、ダイエットによって痩せたいと思うならば、カロリーにだけこだわるのではなく、腸に着目し、腸内細菌のバランスを整えることが重要なのです。

 

では、どのようにしてヤセ菌と呼ばれる腸内細菌を増やしていけば良いのでしょうか?

 

ヤセ菌が短鎖脂肪酸を作り出す

 

例えば、痩せている人の腸内に多く生息しているとされる、先程も述べた「アッカーマンシア・ムシニフィラ菌」が生きたまま配合されているサプリメントが研究・開発され、販売されたとしても、腸内フローラを形成している腸内細菌の世界は複雑であるため、単純にそのようなサプリメントを摂るだけでは肥満やメタボ、太りやすい体質の問題は解決しないように思われます。

 

それよりも最も簡単な方法は、腸内細菌のエサになる「食物繊維」を毎日の食生活のなかで、出来るだけ多く摂るようにすることです。

 

食物繊維をたくさん摂るようにすると、腸内フローラを構成する腸内細菌のうち、ヤセ菌である「バクテロイデス門」の腸内細菌が優勢になるため、太りにくい体質が作られやすくなるとされています。

 

また食物繊維が豊富な食品を多く食べることによって、バクテロイデス門などの腸内細菌が発酵を起こすと、「短鎖脂肪酸」と呼ばれる脂肪酸が作り出されるようになります。

 

この腸内細菌によって作られる「短鎖脂肪酸」には余計なエネルギーが肥満細胞に蓄積するのを防ぐ働きや免疫力を高めて病気を予防する効果があるとされていますし、「インクレチン」と呼ばれるホルモンを分泌させることによって、「インスリン」の分泌を促すともいいますので、糖尿病の予防や改善に対しても効果を発揮するといわれています。

 

 

短鎖脂肪酸が豊富な乳酸菌発酵エキス

【善玉元気】

 

 

腸内細菌のバランスを整えて痩せ菌ダイエット

 

先ほどの藤田紘一郎氏も「どうも「やせ菌」というのは1種類に特定できるものではなく、食物繊維を消化して短鎖脂肪酸をつくっている菌が「やせ菌」となっているように思われます」と述べています。

 

さらに短鎖脂肪酸は特定の腸内細菌ではなく、バクテロイデス門をはじめとした、野菜などに含まれた食物繊維を好む様々な腸内細菌たちの連携によって生み出されるとしています。

 

したがって、短鎖脂肪酸によってヤセ菌ダイエットを成功させるには、腸内細菌のバランスを整えることが重要なのです。

短鎖脂肪酸には食物繊維が必要
短鎖脂肪酸が腸内細菌によって生み出されるには、食物繊維が必要不可欠。

ちなみに短鎖脂肪酸が生み出されるために必要不可欠な「食物繊維」は水に溶けやすい水溶性のものと、水に溶けにくい不溶性のものがありますが、腸内細菌のエサになることで短鎖脂肪酸が作られやすいのは、水溶性の食物繊維だとされています。

 

しかし不溶性の食物繊維も、腸内をキレイにしたり、便通を促したりする働きがあり、デトックスに役立つので、水溶性だけにこだわらず、どちらもバランスよく摂っていくことが大切です。

 

一方、デブ菌と呼ばれる菌は砂糖などの糖質を好むので、出来る範囲でゆるやかな糖質制限を行うことも、腸内フローラ改善によるダイエットを成功させるためには、重要な要素になってきます。

 

短鎖脂肪酸についてより詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。