不溶性食物繊維

ここでは不溶性食物繊維について述べています。

 

食物繊維には水に溶けにくい不溶性の食物繊維と水に溶けやすい水溶性食物繊維がありますが、不溶性食物繊維はザラザラ・ボツボツしているという性質があり、そのザラザラ・ボツボツした性質や、胃や腸で水分を吸収すると大きく膨らむことが、腸を刺激してぜん動運動を活発にしやすいといわれています。

 

また腸内で便のかさを増す働きがあるため、腸内の不要な残留物を体外に排出しやすいという特徴があります。

 

つまり、不溶性の食物繊維は便通を促しやすく、便秘の解消にも効果的だといえそうです。

 

さらに腸内の不要物や老廃物を、便として一緒に体外に排出するというデトックス効果もあります。

 

そのため、不溶性の食物繊維は、腸内細菌のエサになるというよりも、腸内環境をきれいにお掃除することで腸内環境を整える役割があると言えそうです。



この不溶性食物繊維の種類としては、セルロース、ヘミセルロース、リグニン、キチン、キトサンなどがあります。

 

不溶性食物繊維が豊富に含まれている主な食材としては、ごぼう、さつまいも、玄米、キヌア、チアシード、アボガド、大豆、納豆、切り干し大根、干ししいたけ、アーモンド、くるみ、落花生などが挙げられます。

 

 

また、医学博士の内藤裕二氏は『人生を変える賢い腸のつくり方』のなかで、不溶性食物繊維の効果効能として、

 

「水に溶けにくく腸内で水分や老廃物などを吸収し、数倍に膨らむ」

「便のかさを増して腸のぜん動運動を活性化し、便通を良くしてくれる」

「腸内に接した有害物質や老廃物を体外に排泄し、大腸がんなどの予防に効果が期待できる」

 

を挙げています。