乳酸菌とビフィズス菌の働きと種類

腸内細菌のなかで善玉菌として働くものとしては、一般的に乳酸菌とビフィズス菌がよく知られています。この二つは厳密に区別されることもありますが、乳酸よりも酢酸を多く分泌するビフィズス菌も広い意味では乳酸菌の仲間です。

 

その「乳酸菌」とは糖を分解して乳酸を多量に作り出す菌の総称です。そして乳酸菌が増えれば増える程、腸内のpH(ピーエイチ)は酸性に傾くため、悪玉菌の増殖は抑えられ、腸内の環境は保たれるのです。

 

その乳酸菌は乳製品だけに含まれているわけではなく、発酵食品や自然環境の中にも存在しており、大きく動物由来のものと植物由来のものに分けることが出来ます。動物由来の乳酸菌はヨーグルトやくさやなど、動物性の発酵食を作り出す乳酸菌であり、「動物乳酸菌」と呼ばれます。

 

また、植物由来の乳酸菌はぬか漬けやキムチ、しょうゆやみりんなど、植物性の発酵食品に含まれていたり、野菜や果物、花などの表面に生息していたりするものは、「植物乳酸菌」と呼ばれています。

 

動物乳酸菌は動物の腸の中や牛乳など、栄養が豊富にある場所に住んでいることが特徴です。それに対し植物乳酸菌のほうは、植物の茎や枝、葉などからにじみ出る分泌液を栄養としています。そのため、動物由来の環境に比べて栄養源が乏しいとされています。

 

しかし、植物由来の乳酸菌は植物が生成するタンニンやアルカロイドなどの抗菌物質にも耐えなければならないため、動物由来の乳酸菌よりも悪条件で生きられる強い性質があるとも言えます。

 

したがって、動物乳酸菌も植物乳酸菌も、どちらか一方が優れているというわけではなく、両者とも人間にとって有益に働いてくれる微生物であることに変わりはありません。

 

そして、それらの乳酸菌には、免疫力の向上をはじめとして、様々な健康効果をもたらしてくれると言われています。

 

乳酸菌の健康効果

 

  • 免疫力の強化
  • 便秘の予防と解消
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • 花粉症予防
  • 血糖値の上昇抑制
  • 高血圧の予防
  • コレステロール値の低下作用
  • 胃ガン予防
  • 大腸ガン予防
  • 潰瘍性大腸炎の症状を抑制
  • ストレス緩和
  • ダイエット効果

 

また、乳酸菌は「ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)」、「乳酸桿菌(ラクトバチルス)」、「乳酸球菌(ラクトコッカス)」をはじめとして、様々な種類のものが存在しており、それぞれ腸内での働きは違っています。

 

乳酸菌の種類

 

エンテロコッカス

EC-12株、EF-2001株、JEF01株

 

ストレプトコッカス

サーモフィラス菌1131株

 

テトラジェノコッカス

Th221株(KK221株)

 

ビフィドバクテリウム(ビフィズス菌)

Bb-12株、BB536株、BE80株、BF-1株、FK120株、GCL2505株、HN019株、JBL01株、JBL05株、LKM512株、SBT2928株(ビフィズス菌SP株)、ブレーベ・ヤクルト株

 

ペディオコッカス

LP28株、OS株

 

ラクトコッカス

GCL1176株、クレモリスFC株

 

ラクトバチルス

BC90株(アルビン菌)、HOKKAIDO株、HSK201株、JLG01株、KW3110株、K-1株、K-2株、LGG菌、LS1菌、L-55株、L-92株、NY1301株、N-1株、SBT2055株(ガセリ菌SP株)、SN13T株、SN35N株、S-PT84株、シロタ株ブルガリア菌2038株ラブレ菌、ロイテリ菌、OLL1073R-1株

参考文献

上野川修一 『からだの中の外界 腸のふしぎ』 講談社

光岡知足 『腸を鍛える―腸内細菌と腸内フローラ』 祥伝社

後藤利夫 『あなたの知らない乳酸菌力』 小学館

乳酸菌