BB536株

・BB536株はビフィドバクテリウム属、ロンガム種です。


BB536株の効果

  • 免疫力の向上
  • 潰瘍性大腸炎の抑制

 

これまでビフィズス菌は熱や酸素に弱い性質があるため、食品に応用するのは技術的に難しいとされてきました。しかし、森永乳業が発見したBB536株は、熱や酸素、酸素に強いことが分かったため、1971年に初めて食品に応用することが可能になりました。

 

酸に強いビフィズス菌BB536株は、胃酸で死滅することなく、生きたまま腸に届くことが特徴です。腸内で乳酸や酢酸が生み出されると、腸内環境が改善され、蠕動(ぜんどう)運動が促されて便通が良くなります。

 

また、酢酸は殺菌力が強いため、腸の中でウイルスが定着・吸収されるのを防いでくれます。そのため、免疫力を高める効果もBB536株にはあります。

 

さらに、BB536株には潰瘍性大腸炎の進行を食い止めるという実験データがあると言われています。潰瘍性大腸炎の人に1日2000~3000億という大量のBB536株を投与したところ、10人中9人の症状が安定したといいます。

 

そのため、潰瘍性大腸炎に対する即効性は期待出来ませんが、BB536株が免疫バランスを改善したり腸の粘膜を強くしたりすることで、潰瘍性大腸炎の進行を食い止められるのではないかと考えられています。

参考文献
後藤利夫 『あなたの知らない乳酸菌力』 小学館