LKM512株

・LKM512株はビフィドバクテリウム属で、種はアニマリス・ラクティクス・亜種です。

 

LKM512株の効果

  • アレルギー症状の抑制
  • 大腸がんの予防
  • 免疫力の向上

 

LKM512株は生きたまま腸に届くビフィズス菌です。協同乳業の研究によると、LKM512株は大腸で増殖すると、アミノ酸の一種である「ポリアミン」を増やしてくれると言われています。

 

ポリアミンはアルギニンやオルニチンから合成される物質で、動脈硬化をはじめとして様々な疾患に対する抑制効果が期待されています。

 

またポリアミンは腸管のバリア機能を高める作用があるため、消化過程のたんぱく質や微生物が体の中に侵入するのを防いで、炎症やアレルギーの発症機会を減少させると考えられています。それに加えLKM512株は、大腸のバリア機能を維持することで大腸の老化を防いだり、寿命を延ばしたりするのに役立つと考えられています。

 

さらに、ポリアミンには体内に入り込んだ有害物質によって傷つけられたDNAを修復する働きもあると言われています。そのため、大腸がんの予防にも有効であるとされています。

 

しかも、腸内で継続的に生み出されたポリアミンは、腸管から吸収されて全身の細胞へと移行するため、全身の免疫系に作用し、免疫バランスを改善することが、実験でも確認されているそうです。

参考文献
後藤利夫 『あなたの知らない乳酸菌力』 小学館