腸内細菌の種類

腸内細菌の種類

ここでは腸内細菌の種類について解説しています。

 

腸内細菌は500~1000種類も存在すると言われていますが、そのなかで代表的な腸内細菌は、ラクトバチルス、ビフィドバクテリウム、バクテロイデス、大腸菌、クロストリジウム、腸球菌、連鎖球菌などです。

 

ラクトバチルス

 

一般的に乳酸菌といえば、このラクトバチルスのことを指すことが多いですが、細菌学的には、ラクトバチルスはラクトバチルス目ラクトバチルス属に分類されるグラム陽性菌です。かたちは桿状であり、嫌気的状態を好み、ヒトの大腸内に多く生息しています。

 

ちなみに「乳酸菌」とは、炭水化物(糖質)を栄養源として菌体内に取り入れ、乳酸を産生する細菌のことを指します。また、乳酸のみを産生するタイプは「ホモ乳酸菌」、乳酸以外に酢酸なども産生するタイプは「ヘテロ乳酸菌」と呼ばれています。

 

ラクトバチルスはほとんどのものが前者の「ホモ乳酸菌」として働き、腸内環境を良好な状態に保ちます。また、細胞壁には、リポタイコ酸など、細菌の情報を免疫細胞に伝える成分が含まれていると言われています。

 

ラクトバチルスは主にヨーグルトなどの発酵乳製品の製造に利用されています。

 

ビフィドバクテリウム

 

ビフィドバクテリウムは「ビフィズス菌」の名称で親しまれている、ビフィドバクテリウム目ビフィドバクテリウム属に分類されるグラム陽性菌です。糖を取り入れて分解し、乳酸と酢酸を生産する働きをもっています。

 

主としては約30種類存在すると言われており、Y字やV字の形をしていることから、「分岐」を意味する「bifid」にちなんで「ビフィドバクテリウム」と名付けられました。

 

このビフィドバクテリウムは生まれてすぐの新生児の大腸内に数多く生息していることが知られています。また、母乳中にあるオリゴ糖を増殖のためのエサにしており、ラクトバチルスとともに、腸内環境を整える善玉菌(有益菌)として大きな役割を果たしています。

 

バクテロイデス

 

バクテロイデスはバクテロイデス目バクテロイデス属に分類されるグラム陰性の桿菌です。多糖や単糖を栄養源とし、また、ヒトの大腸内に数多く生息しており、最大のグループを構成しています。通常はヒトのからだに悪影響を与えることはありませんが、状況によっては健康に被害を与えることがあるので、日和見菌の仲間だとされています。

 

また、新生児の免疫系を刺激して発達を促す役割があることが、動物実験で実証されているそうです。

 

大腸菌

 

腸内細菌目エシェリア属に属するグラム陰性の桿菌で、大腸のなかに生息しています。偏性嫌気性菌ですが、嫌気性が低いためか、大腸内にはそれほど多く生息していないと言われています。O-157など病原性の高い大腸菌は、大腸内に常在していません。

 

クロストリジウム

 

クロストリジウムは、クロストリジウム目クロストリジウム属に属するグラム陽性の桿菌です。そのうちウェルシュ菌は大腸の常住菌であり、一般的に悪玉菌(有害菌)であるとされていますが、通常では有害な作用はしないと言われています。

 

腸球菌

 

腸球菌は複数の菌の総称であり、エンテロコッカス属の細菌群を指しています。グラム陽性菌であり、大腸内の悪玉菌(有害菌)とされていますが、通常では有害な作用は示さないと言われています。

 

連鎖球菌

 

連鎖球菌は連鎖球菌属(ストレプトコッカス属)に属するグラム陽性の球菌です。嫌気性であり、大腸内の悪玉菌(有害菌)とされていますが、通常の腸内環境においては有害な作用は示さないとされています。

参考文献

上野川修一 『からだの中の外界 腸のふしぎ』 講談社

光岡知足 『腸を鍛える―腸内細菌と腸内フローラ』 祥伝社

後藤利夫 『あなたの知らない乳酸菌力』 小学館

腸内細菌の種類